> 日本と英会話

学校教育が問題視される理由

グローバルな世の中になって、日本の人たちも世界で活躍したり、住居を持ったりして、また日本でも外国の人たちとの関わりもとても増えてきた。だが、日本人はなかなか英語を話せるようにならないようだ。なぜなのだろうか?一つに学校の英語教育が話題に上るようだ。

昔から変わらない英語教育

いろいろと調べてみると、日本の学校の英語教育は10年くらいたいした変化が無いようである。

これは、内容が全く一緒ということではなく、内容自体はかなり変わっているようだ。しかし、10年もの期間に、変化が無いというのも驚きである。

英語教育が変わらない理由とは

わからないのは、なぜ10年もの間、英語教育は変化しないのか?ということ。

日本の英語教育というのは、昔から受験のための英語というものを優先させていたようで、それが日本の英語教育として定着し根付いてしまったのが原因だと言われている。その一方で、実用的な英語を勉強するべきだという意見もあるようだ。私もそのような英語の教育を受けてきたわけだが、確かにこれで日常で英語が使えるようになるという意識は全く無かった。ほとんどの人がそう思っていることだろう。

外国人が日本の英語用のテキストを見ると現実には使わないようなものが多いと驚くようである。

このような問題を取り上げても、明日からすぐに変えられるという事でもないのが何とも残念である。少なくとも社会人となった私たちは、自分で考えて、自分に合った英語の勉強方法を自由に選ぶことができる。