> 英会話の学習方法

「英文法」は必要なのか

私が通っていた学校の英語の授業では、発音や会話よりも英語の文法を学ぶことの方が多かったと思う。確かに発音などの授業もあったが、その授業をやった記憶が少ししかなく、文法や単語の書く授業の方が多かった。しかしこの文法、英語の能力を身につける中でそれほど重要なものなのだろうか?

初心者は最低限度の文法のみ理解

この問題についてはそこら中で話がされているようで、「基本的な英文法を知らなければ英語は話せないのでやはり文法は必要」、「英文法を気にしすぎるからいつまでも英語を話すことができない」などなどだ。また、「英語を話せるようになるまでは、英文法なんてものはほとんど必要ない」というような意見もあるようだ。

最低限の文法としてはどれほどかと考えてみると、例えば「話は必ず主語を使う」だったり、「主語+動詞+(場所、時間など)の順番」ぐらいだろうか。

このくらいの文法は中学の始めくらいですぐに覚えられるもので、英語のごく基本中の基本である。なので、英語を身につけたいと言う人はほとんどがこのくらいの文法は既に知っているだろうと思うので、これくらいさえ覚えておけばあとはそれほど重要ではないと言えるだろう。

ネイティブスピーカーでも文法的には×か?

外国人の友人が喋る英語でもおかしな文法だったりするもので、「She don't come today.」や「I go there tomorrow.」というようなことを言っているようだ。

この文法ちょっとおかしいよと言ってみると、外国人はなぜそんな細かい事を気にするのか?と思うようである。とてもおもしろい。

会話を成立させることが重要

逆の立場で考えてみれば、外国人が片言の日本語でしゃべりかけてきて、文法的にはぐっちゃぐちゃな日本語でもある程度の内容が理解できるものだし、会話できないこともない。会話なんてのはこれくらいでも十分できてしまうのである。

それを日本人ときたら、文法を気にしすぎて「え〜っと、あ〜・・・」と単語すら言うことも無い。これじゃ会話なんてできるはずがない。

しっかり話さないといけないという変なプライドが邪魔をするようだが、私たちは日本人だ。日本人がおかしな英文法で英語を喋ってもおかしいことは何も無い。誰かにバカにされることなんてないのである。英語が母国語の人でさえ、文法なんかぐちゃぐちゃで会話しているんだから、文法なんて考えて会話する必要なんてない。今あなたが話している日本語だって正しい文法とはいえないのかもしれないのだ。

英文法が全く必要ないと言っている訳ではないのであしからず。英文法をもっと知りたい、勉強したいという人はどんどん勉強して構わない。ただ、せめて日常会話が出来るようになってからでも十分ではないかと思うだけである。